プロペシアの副作用【子供への副作用】

プロペシアは子作りに深刻な副作用

 

抜け毛抑制効果があるといわれるプロペシアですが、その反面「副作用として子作りに影響があるのでは?」と指摘されています。
配合されている成分のフィナステリドが男性器に影響を与え、将来の子供に与える影響もなくはないという声が聞かれます。
そこで、プロペシアの副作用について詳しく調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

プロペシアを飲むと子供ができない?

 

プロペシアは男性型脱毛症に効果があるとされる錠剤タイプの内服薬です。
その効果は日本皮膚科学会でも認められていて、高い効果が得られる物にしか与えられない「A」という高い評価が与えられています。
そんなプロペシアですが、効果とは裏腹に副作用でちょっと気になる作用が指摘されています。

 

それが子供への影響。
プロペシアを服用することで生殖器への影響が報告されています。
1%から5%ほどという少ない割合ではありますがリビドー減退、そして1%未満ではありますが、勃起不全や射精障害なども報告されています。

 

非常に少ない割合なのでそこまで気にする必要はないという意見も聞かれますが、これから子供を作りたいと考えている方にとってみれば気が気ではありませんね。

 

そしてさらに気になる副作用が・・・。
プロペシアを服用することで睾丸痛、男性不妊症、精子の質低下、濃度減少、精子の減少、精子の形態異常などが頻度不明で報告されています。
頻度不明ということ自体がちょっと怖いですし、しかも精子の形態異常ともなると、奇形児などの子供が生まれてしまうのではないかという心配要素も出てきます。

 

こういった副作用の症例がこれまでに発表されているので、プロペシアを使うのにちょっと躊躇してしまうという方もいるでしょう。

 

 

 

 

プロペシアが与える作用とは

 

プロペシアは別名「還元酵素阻害薬」と呼ばれています。
還元酵素を阻害することによってテストステロンからジヒドロテストステロンに変化するのを防いでくれます。
テストステロンは男性ホルモン、ジヒドロテストステロンは悪性の男性ホルモンです。

 

還元酵素は5aリダクターゼと呼ばれるもので、テストステロンと結合することによってジヒドロテストステロンに変化してしまいます。
還元酵素は年齢を重ねるごとに発症しやすく、それだけテストステロンと結びつきやすくなります。ストレス、乱れた食生活、睡眠不足など様々な要因がありますが、普段の生活の中で還元酵素を阻害する食事というのはなかなかないんです。

 

そうなるとやはり薬に頼らざる得ません。ただ、還元酵素を阻害するものはプロペシア以外にも存在します。
もし副作用のリスクが気になるのであれば、還元酵素を阻害できる成分が含まれたものをプロペシア代わりに使ってみるのが効果的です。

 

 

5aリダクターゼを阻害できるものとして有名なものはキャピキシル、アボガド油脂肪酸ブチル、褐藻エキス、センブリエキスなどが挙げられます。
これらの成分がまとめて配合されたものが実はあるんです!
それが育毛エッセンス「deeper 3D」です。

 

 

 

 

副作用が無く、評価の高い育毛剤Deeper3D

 

プロペシアの副作用が心配・・・、でも同じような作用があるものが欲しいという方は、Deeper3Dを使用してみてはいかがでしょうか。
上記、ご紹介したような5aリダクターゼを阻害する働きがある成分が多く含まれています。

 

あまり知名度こそありませんが、他にも柑橘系の皮に含まれているリモネン、アロエから抽出されるアロエベラ葉エキス、植物から抽出されるヒオウギエキス、ジオウエキス、セージ葉エキス、オトギリソウエキス、アルニカ花エキス、ベルゲニアリグラタ花エキス、チョウジエキス、オウゴンエキス、サンショウ果皮エキスなども5aリダクターゼを阻害する働きがあるんです。

 

こんなにも実は、5aリダクターゼを阻害する成分があることにびっくりですね!
すなわち、プロペシアと同様の作用が期待できるというわけです。

 

 

 

 

体調面も重視して育毛を実践!

 

deeper3d

プロペシアは生殖器への影響が懸念されていますが、それ以外にも肝臓の数値上昇、血管浮腫、発疹、蕁麻疹症状が出ることがあります。
他にも胸が大きくなったりなどの女性化作用、精神面への影響があるめまいや鬱症状なども頻度不明ながら報告されています。

 

いくら抜け毛の抑制効果があると言っても、これほどたくさんの副作用のリスクがあるのはちょっと考え物ですね。
プロペシアを使って薄毛が改善する確率が100%なら試してみる価値があるかもしれませんが、100%の効果があるわけでもないのに副作用だけ現れてしまっては一大事です。

 

それであればリスクが少なくてプロペシアに近い効果があるものを使った方法が精神的にも良いですね。
Deeper3Dは使っても、体調の異変をもたらすような生殖器への影響や臓器への影響は一切ありません。また、精神的なうつ症状なども一切報告されていません。
精神面への影響といえば、ちょっとお金がかかるぐらいでしょうか(苦笑)

 

体調面を考慮する上では全く問題ありませんので、育毛エッセンス「deeper 3D」で健康な体をキープしつつ薄毛治療に取り組んでみてはいかがでしょうか。