Deeper3Dとリアップを比較

Deeper3Dとリアップ徹底比較

 

育毛剤のDeeper3Dとリアップではどのような違いがあるのでしょうか。
価格や効果、副作用などについて詳しく調べてみたのでご紹介しましょう。

 

Deeper3Dとリアップ徹底比較

 

 

値段はどちらが安い?

 

リアップは1本で7,000円程度で販売されています。
一方、Deeper3Dは1本で1万3,860円。これだけ比較すると圧倒的にリアップのほうが安い価格となっていますが、Deeper3Dはまとめ買いというものがあり、6本セットで購入すると1本あたりが1万円程度まで下がります。そう考えると、そこまで高い育毛剤というわけではなさそうです。

 

実際に、「髪の毛が生えた」という方や、「薄毛が目立ちにくくなってきた」という方の意見を総合すると、6ヶ月以上使用している方が圧倒的に多いです。
そう考えるとまとめ買いを考慮するのも悪くはなさそうですね。

 

ちなみにDeeper3Dのほうは公式サイトから継続的に購入するとポイントがたまってきます。そうなると、そのポイントを利用してさらにDeeper3Dが安く買えるということが出てきますので、結果的には1万円以下で入手することも可能になってくるでしょう。
これはリアップにはない魅力の一つなので、継続利用を考えている方には嬉しいサービスですね。

 

 

   ⇒Deeper3Dの6本セット販売価格を確認

 

 

 

成分を比較してみる

 

リアップとDeeper3Dについて成分を比較していくと、有効成分に大きな違いがあります。
リアップの方に配合されている主要な有効成分はミノキシジル、一方、Deeper3Dの方に配合されている主要な有効成分はキャピキシルです。
似たような名前ですが、それぞれ育毛効果を発揮してくれる成分です。

 

血行促進作用と5aリダクターゼの抑制に効果があり、抜け毛の原因となる還元酵素を抑える役割があります。
ちなみにキャピキシルはミノキシジルが開発された後にリリースされた成分です。

 

なぜ、キャピキシルを作ったかというとミノキシジルには副作用があるから。
頭皮への影響、あるいは身体への影響を考えて安全性の高いものを使っていただこうということ考え、カナダの化粧品会社が開発した成分です。

 

   ⇒Deeper3Dの成分を詳しく見る

 

 

 

具体的な副作用とは

 

ミノキシジルを含有したリアップを使った場合には、副作用が起こることが指摘されています。
これはリアップの公式サイトである大正製薬が発表しているものなので、副作用が起こることが実際にあるということが言えるでしょう。

 

ミノキシジルを頭皮に使うことでアレルギー症状が悪化して、頭皮に痛みやかぶれ、湿疹や炎症などが起こるケースがあります。
また、ミノキシジル自体に血圧を下げる作用がありますので、不整脈の方や高血圧症・低血圧症の方が使用すると体調が悪化してしまうリスクが考えられます。
ミノキシジルはもともと血圧への影響がある成分なので、むくみ体質の方や環状線機能に障害を持っている方も使用を注意した方が良いという記載があります。

 

このように皮膚への影響だけでなく、循環器や代謝にまつわる機能への影響が懸念されています。
もちろん全ての方にこのような症状が起こるわけではありませんが、ミノキシジルはややリスクがあると言わざる得ないのが現状です。

 

その点、キャピキシルはこういった臓器や頭皮への影響は指摘されていません。
ただ人によっては肌に合わない可能性もなくはありませんので、多少かゆみやかぶれなどが出るケースもあるかもしれません。
ただ、体調の異変を生むような危険性のない成分なので、どなたでも使用できるという点がミノキシジルよりも安全性が高いといえるでしょう。

 

 

 

育毛効果について比較

 

Deeper3Dとリアップ徹底比較

ミノキシジルを含有したリアップは血行促進作用だけでなく、血管拡張効果があります。つまり、血管が太くなって血液が流れる量が増幅するため、それだけ発毛部分に血液が送り込まれるということです。
髪の毛は血液から送り込まれるタンパク質が髪を育てるとおもな栄養素となっています。そのタンパク質がケラチンへと変化して髪を作り上げています。これがミノキシジルの最大の利点です。

 

Deeper3Dとリアップ徹底比較

一方、Deeper3Dに含まれているキャピキシルは成長因子と植物エキスを融合させた人工の成分です。
人間の手によって安全性の高いものだけを抽出して、しかも男性型脱毛症の原因となっている5aリダクターゼを抑制する作用があるものを集めて作られました。

 

その主成分となっているアセチルテトラペプチド-3と毛包の活性化に役立つアカツメクサ花エキスを融合することで毛母細胞の活性化と毛乳頭の増幅効果が期待できます。
これらは成長因子とも呼ばれ、動物内の細胞増殖効果が研究によって判明しています。細胞分裂を繰り返す作用を毛細血管周辺に与えることで毛髪が再生します。薄毛に悩んでる方には非常に期待できる成分です。

 

どちらも育毛効果としては期待できる成分ですが、副作用のリスクを考えるとキャピキシルを配合したDeeper3Dの方が安心して使用することができるでしょう。

 

 

   ⇒Deeper3Dの口コミを見る