Deeper3Dとボストンスカルプエッセンスを比較

Deeper3Dとボストンスカルプエッセンス徹底比較

 

キャピキシルが配合されている育毛剤は、日本で手にできるものはそれほど多くありません。
その中で高い評価を集めているのが、Deeper3Dとボストンスカルプエッセンス。
両者の違いには、どのようなものがあるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

 

Deeper3Dとボストンスカルプエッセンス徹底比較

 

 

成分の違いについて

 

Deeper3Dとボストンスカルプエッセンスは共にキャピキシルが5%配合されています。
キャピキシルはミノキシジルよりも安全性が高くて、それでいてミノキシジルに勝るとも劣らないと言われる発毛効果を発揮する成分です。

 

ミノキシジルの場合は副作用のリスクがあって、「ちょっと使うのが怖いな・・・。」と考えている方も少なくありません。(ミノキシジルタブレットの効果と副作用参照)

それに対し、キャピキシルは副作用のリスクがないので、気軽に利用できるというメリットがあります。(キャピキシルには副作用がない参照)

 

この2つの育毛剤はキャピキシル以外に目を向けていくと有効成分に違いがあります。
その中でもそれぞれ推している成分があり、Deeper3Dの方は成長因子が8種類も配合されていること、一方、ボストンスカルプエッセンスはピディオキシジルが配合されている点でしょう。

 

 

Deeper3Dとボストンスカルプエッセンス徹底比較

 

Deeper3Dの成長因子は毛包内の細胞分裂を促進させます。
細胞分裂が行われることで、髪の毛となるケラチンを生成する促進力が高まります。この力は、ケラチノサイト増殖因子などと呼ばれています。つまり、それだけ発毛を促す動きが活性化されるということですね。

 

 

 

Deeper3Dとボストンスカルプエッセンス徹底比較

 

一方、ピディオキシジルはシアル酸やEGFが加わった育毛効果をもたらす成分です。
シアル酸は大量に採取が難しい成分でツバメの巣などにも入っています。ツバメの巣といえば高級食材として知られていますね。

 

それと同様の成分を頭皮に与えることで発毛効果がアップすると言われ、育毛剤にも応用されています。もともと希少価値のあるものですから、他の育毛剤よりも高くなるのは、これが原因かもしれませんね。

 

 

 

有効成分をさらに分析

 

成長因子とピディオキシジル以外にも配合されている成分に違いがあります。
Deeper3Dのほうに含まれている成分として、シアノコバラミン、プラセンタなどが配合されています。一方、ボストンスカルプエッセンスの方にはフラーレン、アマモエキスなどが配合されています。

 

Deeper3Dとボストンスカルプエッセンス徹底比較

プラセンタエキスには、馬から採取した胎盤のエキスを抽出することでタンパク質やアミノ酸など、髪の毛を作るのに欠かせない成分を取り入れています。
そして、Deeper3Dの液体が赤みを帯びた要因となっているのがシアノコバラミン。
シアノコバラミンはビタミンの一種で頭皮に与えることで血管壁を強くしたり、毛細血管の流れを良くする作用を与えてくれる成分です。

 

例えば、タバコを吸う人、睡眠不足の人、ストレスが溜まりやすい人というのは血管が詰まりがち・・・。場合によっては血栓が出来るリスクもあります。
薄毛が進行するだけでなく、病気などのリスクが膨らんでしまいます。そういった危険性を抑制してくれるのがビタミンB12を含んだシアノコバラミンです。

 

   ⇒Deeper3Dの成分を詳しく見る

 

 

 

Deeper3Dとボストンスカルプエッセンス徹底比較

一方、フラーレンは強い抗酸化作用を持つ炭素でできた分子で、頭皮に与えることでフケや汚れを排除する働きがあります。
頭皮に角質がたまりにくくなるので、毛穴を塞ぐリスクがそれだけ減少します。
また、アマモエキスは海草類の一種で、海の中で花のように咲いている形状が印象的な海藻です。このエキスはミネラルが豊富に含まれ、さらに髪の生成に役立つアミノ酸も多く含有されています。
褐藻類のエキスはいろいろな育毛剤に配合されていますが、アマモエキスというのはなかなか見かけません。そういった意味では非常に希少価値のある成分の一つといえるでしょう。

 

   ⇒ボストンスカルプエッセンスの成分を詳しく見る

 

 

 

どちらの育毛剤が良い?

 

個人個人によって合う合わないがありますので、どちらの方が優れた育毛剤かとハッキリ申し上げるのは難しい部分があります。
ただ育毛剤としての実績が上回っているのはDeeper3Dです。
「キャピキシル配合の育毛剤といえば」という問いに対して、真っ先に名前が挙がるのはDeeper3Dでしょう。

 

どちらも魅力的な成分が並んでいますが、ボストンスカルプエッセンスで推されているピディオキシジルは、はっきりとした医学的見解がまだ示されていないので、未知な部分があると言わざる得ません。

 

一方Deeper3Dはキャピキシル以外にも髪の成長を促す血行促進作用を与えるもの、抗菌作用を与えるもの、男性型脱毛症の原因となっている5aリダクターゼの活性化を阻害するものなどがバランスよく配合されています。

 

これまでの発毛実績を考慮するとDeeper3Dのほうが上回っているといえるでしょう。
ボストンはまだまだ新進気鋭の製品。もう少し様子を見る必要があると言えそうですね。
Deeper3Dは多少価格が高いというデメリットはありますが、それに見合った希少性のある成分が多く含有されています。

 

   ⇒Deeper3Dの口コミを見る