Deeper3Dで髪が生えるのか

Deeper3D(ディーパー)の発毛効果

 

Deeper3Dの効果をチェック

Deeper3D(ディーパー)は育毛剤です。ですから、発毛効果に関しては、ないのではないか、といったことを考えてしまうと思うのです。

 

しかし、主に二つの成分からDeeper3D(ディーパー)には発毛効果が期待できるのです。詳しく解説するので、薄毛で悩んでいる方は必見ですよ、

 

 

 

Deeper3D(ディーパー)に含まれるキャピキシルの効果

 

男性型脱毛症にピンポイントで効果が期待できる

 

Deeper3D(ディーパー)に含まれている成分の中でも、最も注目されているのが「キャピキシル」になります。成分としては、【アカツメクサ花エキス】と【アセチルテトラペプチド-3】を配合させた成分になります。

 

アカツメクサ花エキスについては植物から抽出したエキスであり、アセチルテトラペプチド-3に関してはその名の通りにペプチドです。何か怪しい成分を含んでいるわけではありません。ちなみにキャピキシルについては、いまのところ副作用が報告されていません。

 

特にアセチルテトラペプチド-3に関しては、ネーミングからも科学的な物質ではないか、と思われがちで副作用の心配をしている方もいるのです。しかし、様々な記事や論文をチェックしても今のところ「副作用がない」と証明されているんですよ。

 

もう少しキャピキシルについて深堀りしてみましょう。

 

 

アカツメクサ・・・5αリダクターゼ抑制の力がある

 

アカツメクサには、ビオカニンAと呼ばれるものが含まれています。その成分には、5αリダクターゼの抑制作用があることが分かっています。そもそも、5αリダクターゼの抑制効果といえば、発毛剤のプロペシアの効果でもありますよね。育毛剤でありながら、発毛剤と同じような効果がDeeper3D(ディーパー)には期待できるわけです。

 

 

アセチルテトラペプチド-3・・・細胞の修復作用がある

 

我々の髪の毛に大きく関わっているものとして毛包といったものがあります。薄毛が進行してしまうと、その毛包に損傷が起きているケースが増えてくるのです。そこで役立つのがアセチルテトラペプチド-3の修復作用なんですよ。
毛包の機能が復活して髪の毛が生えやすい状況を作り出してくれるわけです。

 

キャピキシルによってAGAの根本原因に対処して、髪の毛そのものの生成もしやすくする、といった発毛効果が期待できるわけです。

 

   ⇒Deeper3Dの公式サイトでキャピキシルについて見る

 

 

 

Deeper3D(ディーパー)に含まれる8つの成長因子の効果

 

8つの成長因子を含んでいる育毛剤は画期的

 

他の育毛剤を何個かチェックしてみましたが、8つの成長因子を含んでいるものは見当たりませんでした。入っていても、2つから3つ程度なのです。

 

そもそも、成長因子は、発毛クリニックで行われる発毛治療のハーグ療法にも利用されているほど、発毛効果がある、とされているものなのです。ちなみにハーグ療法を利用すると、数十万円から回数によっては100万円を超えてしまうほどなんですよ。それが1本あたり13,000円台の育毛剤で体験できてしまうのです。これほどお得な育毛剤はありません。

 

では、Deeper3D(ディーパー)に含まれる8つの成長因子の中身にも注目してみましょう。

 

  • KGF
  • IGF
  • FGF-1
  • 馬プラセンタ
  • プロヘアリンβ4
  • リジュリン
  • 燕の巣
  • プロテオグリカン

 

以上の8つになりますが、あまり聞いたことがないネーミングばかりだと思います。プラセンタに関しては、美容化粧品にも含まれるケースが有りますよね。ちなみに、特に効果が高いとされるのが種類のプラセンタが、Deeper3D(ディーパー)にも含まれている「馬タイプ」なのです(豚タイプよりも効果が高いとされています)。

 

   ⇒Deeper3Dに配合されている成長因子を詳しく見る

 

 

 

 

そもそも成長因子の効果は?

 

毛母細胞を活性化させます。我々の身体には成長因子があるとされているのですが、年齢とともに落ち込んでしまうのです。そこで育毛剤で補ってやる必要があります。

 

美容化粧品におけるコラーゲンやヒアルロン酸といったものと考え方は似ています。足りなくなっているから、お肌の上から補ってやるわけです。

 

Deeper3D(ディーパー)に関しては、浸透力にもこだわっているので、成長因子がより毛母細胞に到達しやすくなっています。ほかの育毛剤では、成長因子は含んでいても、浸透力に問題があるケースが少なくありません。浸透しなければ、発毛効果は得られませんよ。

 

成長因子は発毛治療にも利用されるほどの成分です。それが利用できる育毛剤なのですから、発毛効果がある、と考えても間違いではありませんよね。

 

 

 

Deeper3D(ディーパー)の発毛効果まとめ

 

・キャピキシルによる男性型脱毛症の改善作用
・成長因子による毛母細胞の復活作用

 

以上の二つの作用がしっかりと得られれば、当然、発毛してくる可能性はあります。髪の毛が薄くなってしまった部位からでも、発毛する効果が期待できるのです。

 

考え方を変えてみましょう。ミノキシジルは血流をアップして発毛を促します。プロペシアは、5αリダクターゼの働きを阻害して発毛に繋げます。

 

Deeper3D(ディーパー)には、血流を促進させる成分も入っていますし、5αリダクターゼを阻害する作用も期待できます。さらに、毛母細胞まで活性化出来るのです。発毛剤を超えた発毛機能のある育毛剤、といっても良いのではありませんか。

 

   ⇒Deeper3Dの口コミを見る