キャピキシルで髪が生えるのか

 

キャピキシルの発毛効果

 

キャピキシルはミノキシジルよりも効果があると言われていますが、果たして本当にそのような効果があるのでしょうか。実際にキャピキシルの効果についてまとめられたデータなどがありますので、それを元にご紹介していきましょう。

 

 

 

キャピキシルの効能について

 

キャピキシルのキャッチコピーのように伝えられている「ミノキシジルの3倍の育毛効果!」
非常にキャッチーで興味をそそる言葉ですが、実際何が3倍なのかよくわかりませんよね。髪の太さが3倍になるのか、発毛する本数自体が3倍になるのか、はたまた育毛スピードが3倍なのかなとちょっと未知な部分があります。

 

キャピキシルを最初に販売したのがカナダのルーカスマイヤーコスメティクス社と言われています。
その会社が発表したデータに、「細胞組織の培養実験」というデータが発表されています。
そこには英語で記載されていて、「ミノキシジルの3倍の効果が出た」という表記があります。

 

ちなみに、培養結果ではミノキシジルが52%、アセチルテトラペプチド-3が156%となっています。
しかし、「髪の毛が増えるという表記」や、「髪が太くなるという表記」ではないので、これだけではちょっと説明的に不足しているような印象もあります。

 

 

ただ、キャピキシルの成分であるアセチルテトラペプチド-3を細胞に添加することで細胞促進効果があるということは間違いないようです。

 

実際に頭皮の拡大写真を表示し、毛髪の本数が増えたというデータも発表しているので、髪の本数自体が増えるということを表しているのかもしれませんね。
そしてミノキシジルと違い、副作用がないというのもキャピキシルの魅力の一つといえるでしょう。

 

 

 

 

キャピキシルって何なの?

 

そもそもキャピキシルという成分が何から作られているのかよくわからないという方もいるでしょう。
化学薬品なのか、植物から抽出されたエキスなのか、それとも海藻類から抽出されたエキスなのか。

 

キャピキシルはアカツメクサ花エキスと呼ばれる花の成分を抽出したものと、アミノ酸から構成されたアセチルテトラペプチド-3を合わせたものです。

 

アカツメクサ花エキスに含まれているビオカニンAと呼ばれるイソフラボンと同様の作用が男性型脱毛症の原因となっているDHTの抑制に効果があるということが確認されました。
DHTというのは悪性の男性ホルモンのこと。頭皮にもともと存在する男性ホルモンと還元酵素の5aリダクターゼが合成されるとDHTに変化します。その2つの合成を阻止する役割がビオカニンAにあるというわけです。

 

つまりビオカニンAは男性型脱毛症(AGA)を防ぐ効果があるということです。

 

ただこれだけだと抜け毛の原因となる原因物質を阻止するというだけで、発毛を促す力はありません。
そこで考え出されたのが、毛包に直接発毛を促す力を高めるアミノ酸の存在。
アミノ酸といえば筋肉、骨などになる人間には欠かせないたんぱく質に変化する物質です。体内に取り入れて吸収することで髪の毛を作り出すケラチンにも役立つ成分です。

 

この2つが混ざり合うことでディフェンス力(抜け毛を防ぐ)がアップするビオカニンAオフェンス力(発毛を促進する)がアップするアミノ酸が頭皮に与えられると考えればよいでしょう。

 

Deeper3D

 

キャピキシルを配合した育毛剤とは

 

キャピキシルに抜け毛抑制効果と発毛効果があることがわかりました。
ただ、発毛を促すという点に焦点を当ててみると、まだまだ力が弱いと言わざるえません。
そこで各育毛剤ではさらに、毛母細胞を活性化させるものや、血行を促進させる成分を配合しています。

 

スカルプ5.0C ボストンスカルプエッセンスなどもキャピキシルが配合されている育毛剤として有名です。その中でもキャピキシル配合育毛剤で代表的な存在といえるのがDeeper3D。
Deeper3Dはキャピキシル以外にも育毛効果が期待できるものが数多く配合されています。毛母細胞の成長に役立つヒトオリゴペプチド5もその一つです。

 

ヒトオリゴペプチド5は発毛促進因子の一つでKGFと呼ばれています。
KGFは体内に作られる成分で、年齢を重ねるとその生産能力が落ちてきます。毛母細胞の活性化と成長を促すのに必要な成分なので、それを自分の力で生成が難しくなったら外部から取り入れることが必要になってきます。

 

発毛促進因子の一つでKGFがDeeper3Dには含まれているので、歳を重ねても毛母細胞を活性化させる効果が期待できるというわけです。また、ヒトオリゴペプチド5以外にも細胞分裂を繰り返す効果があると言われる馬プラセンタを配合しているのもDeeper3Dならでは!

 

キャピキシルの力を最大限引き出す働きがある育毛剤ということが、成分からもしっかりと感じ取ることができます。

たんぱく質となるアミノ酸、ビタミン、ミネラル、プラセンタなど非常にバランスよく配合されているのがDeeper3Dの特徴です。

 

Deeper3Dは他の育毛剤よりもやや値段が高いですが、やはりありきたりな成分ではないため、そのような値段になってしまうのもうなずけます。

 

中途半端にお金を出して育毛剤を購入するぐらいなら、成分の育毛効果がしっかりと裏づけされているDeeper3Dを選択してみてはいかがでしょうか。

 

 

⇒Deeper3Dの配合成分を詳しく見る