キャピキシルで抜け毛予防、発毛促進

キャピキシルの育毛効果

 

育毛成分として大きな注目をあつめるのが「キャピキシル」です。そのキャピキシルには実際にどんな育毛効果があると思いますか。こちらで詳しく解説するので参考にして下さいね。

 

また、キャピキシルを含んだ育毛剤の中で、どれが最も効果的なのか、といった話もさせてもらいます。

Deeper3D

 

キャピキシルの育毛効果は大きく分けて3つある!

 

キャピキシルの育毛効果一つ目|抜け毛を予防してくれる

 

キャピキシルの育毛効果として、最初に注目して欲しいのが抜け毛量の減少です。一般的な方の抜け毛量は、1日あたり50本から100本程度です。しかし、男性型脱毛症が発症してしまうと、1日あたり150本や200本近く抜けてしまう例もあるのです。髪の毛が抜けてしまえば、それだけ頭皮には髪の毛がない状態になります。一気に薄毛が進行してしまうわけです。

 

では、キャピキシルにはどんなメカニズムがあって抜け毛を予防してくれるのでしょうか。実はキャピキシルに含まれる、アカツメクサ花エキスに秘密があります。

 

アカツメクサ花エキスの成分としてビオカニンAと呼ばれるものが含まれているのです。そのビオカニンAには、男性型脱毛症の発生原因の一つである酵素の5αリダクターゼの活性度合いを引き下げてくれる効果が認められています。

 

簡単に言ってしまえば、AGAを発生させなくしたり、改善させるわけです。AGAは髪の毛が抜けやすくなり、結果的に薄毛化してしまいます。改善すれば、当然ですが抜け毛も抑制されるわけです。

 

※5αリダクターゼの抑制効果は、発毛剤のプロペシアに含まれる有効医薬成分の「フィナステリド」にもあります。発毛医薬成分と同じ効果が、育毛剤に含まれる成分のキャピキシルにはあるのです。

 

Deeper3D

 

キャピキシルの育毛効果二つ目|頭皮環境の改善効果

 

皮脂の分泌量のバランスを整えてくれる作用がキャピキシルには期待できます。

 

頭皮環境と薄毛の関係ですが、たとえば乾燥による肌荒れや脂性肌による肌荒れがあります。とくに男性に多くあるのが「脂漏性脱毛症」です。男性は、男性ホルモンの影響で皮脂の量が多いのです。女性の3倍とも言われています。

 

皮脂が大量に発生すると、それを餌にする菌が大量繁殖してしまいます。頭皮に菌がたくさんいる状態となり、皮膚が大きな負担を受けて赤くなってしまったり湿疹ができたりするわけです。

 

そのような状態を変化させてくれるのがキャピキシルです。キャピキシルに含まれているアセチルテトラペプチド-3に大きな力があります。アミノ酸であり、成長因子と呼ばれるものですが、毛包に働きかけることが出来て、結果的に髪の毛の成長をサポートしてくれるわけです。

 

さらに、毛包は皮脂の分泌にも関わっています。毛包が成長に作用するようになれば、皮脂のバランスも取れるようになるのです。乾燥肌であれば、保湿のために皮脂が適量出てきますし、脂性肌の場合は皮脂の量が抑制されるわけです。

 

Deeper3D

 

 

キャピキシルの育毛効果三つ目|発毛促進効果

 

抜け毛の予防(AGAの改善)と頭皮環境の改善作用がしっかりと得られることで、結果的に発毛促進効果が得られます。

 

男性の薄毛の原因の殆どについてはAGAです。その影響を受けにくくなれば、今まで生えてこなかった部位からも髪の毛が生えやすくなるわけです。

 

さらに、頭皮の環境が良くなれば、太く長く成長する健全な髪の毛が成長しやすくなります。髪の毛の完全復活も目指せますよ。

 

そもそもキャピキシルは、あのリアップに含まれている育毛医薬成分のミノキシジルよりも育毛効果が高いとされているのです。その効果は3倍とも言われています。発毛効果も十分に得られる、と考えるのが妥当です。

 

Deeper3D

 

キャピキシルを含んだ育毛剤のうち、どれを選ぶべきか?

 

  • Deeper3D
  • ボストンスカルプエッセンス
  • ザ・スカルプ5.0c

 

Deeper3D

 

すべてキャピキシルが5%含まれています。キャピキシルの製造会社もカナダのある会社なので一緒です。ですから、キャピキシルだけでは差がつかないのです。そこで注目して欲しいのが、その他の部分です。

 

浸透力の差に注目しよう

 

いくらキャピキシルが有能な成分であったとしても、頭皮の奥まで届かなければ毛母細胞や毛包に影響を与えられません。そこで考えなければならないのが、浸透力なのです。

 

浸透力で育毛剤を選ぶとしたら、Deeper3Dがおすすめです。そもそもDeeper3Dに関しては、育毛有効成分の浸透力を高めるために、深層水を利用しているのです。深層水は皮膚への浸透力が優れていることでも知られています。育毛油構成分も深層水と一緒に頭皮の奥まで到達できるわけです。

 

 

キャピキシルとともに相乗効果が期待できる成分を含んでいること

 

成長因子が大きなテーマになります。成長因子には、毛包や毛母細胞に働きかける力があるのです。ですから、キャピキシルと一緒に含まれていると、2つの力が作用してくれるわけです。

 

ちなみに上記3つの育毛剤の中ではDeeper3Dが8つの成長因子を含んでいます。最も数が多く、おすすめの育毛剤であると判断できます。

 

 

 ⇒Deeper3Dを詳しく見てみる